【占術家/ 開運アドバイザー 】

藤三法(ふじさんぽう) 

英語名(海外での呼び名):Mick(ミック)

 

             【 占術 】

(手相/チャネリングタロット/ネームリーディング/霊視+ヒーリング)

 

        【 主な相談内容 】

 

恋愛・結婚・復縁・不倫・DV・家族関係・人間関係健康お金

  

       【 対面鑑定実績 】

 約15500名(2019年4月時点)

 

 【 インターネット鑑定実績 】

 約6000名(2019年4月時点)

 

     【 イベント出演実績 】

 890回(2019年5月時点:婚活系イベント/企業イベント/プライベートイベント)

 

 

 

 

 【 プロフィール① 子供時代 】

 幼稚園~小中学校時代は、運動が得意で、「校内マラソン大会」は9年連続1位でした(ちょっとだけ自慢です(笑))。

   

    

 

 

 

 

 

 

 

   

   【 プロフィール② 神秘体験について  】

 

幼少の頃から、

人に言えないような

数々の神秘体験(幽体離脱・

臨死体験光体験・自動歩行

など)をしてきました。

 

        

幼少時(2~5歳)は、寝ようと

すると出てくる ” 幾何学状の光

(丹光?) ” が怖くてしょっ中

寝れなかったのを覚えています。

 

  

 大人になってからは、あまり

見なくなりましたが、今でも

目を瞑って1点に集中すると
曼荼羅のような
不思議な形を

した光が出てきます。

 

「この光の正体を突き止めてから

じゃないと死ねない」とずっと

思い続けてきました…

 

ようやく正体が50%くらい分かってきたところです(^_^;)

  

視力が0.8~1.0くらいに落ちて

しまったことが2度あったのですが、

この光を見続けることで視力を回復

することができました。

 

 

おかげで私の家族は私以外みな

視力が0.1以下(全員眼鏡!)なのに、

私だけ今だに2.0をキープしております。

 

 

神秘体験は、数多くしてきていますが、

一番強烈だったのは、死にかけたときに

目の前に現れた光の玉とコミュニケーション

をしたこと。

 

これは、その後の人生を大きく変える

体験となりました。

 

【 プロフィール③ 度重なる交通事故  】

 

交通事故に9回(警察のお世話に

なってない事故を合わせると

10回以上)ほど遭ってきました。

 

首都高で140キロの速度で走行中に

事故ったこともありました(^_^;)

 

「また、救急車乗ってる。。。」

みたいな(笑)。

 

(⇒車はグシャグシャでしたが体は

奇蹟的に打撲程度で済み、翌日から

仕事に行きました)

 

 

 

【 プロフィール④ 守護霊メッセージ 】

 

10年ちょっと前、交通事故のリハビリ

期間中に降りてきたメッセージ(言霊)

素直に従い、親・先祖への感謝と供養

中心生活に改める。

 

同時期に導かれるようにして

占いの仕事を始める。

 

それ以来、交通事故はピタッと

なくなり、 人間関係や経済面での

問題も次々に解消。運気が上昇し

はじめる。

 

    

知り合いの沖縄のユタには、

「オマケみたいな人生だから、

楽しいと思うことだけ

やりなさい」と言われ、

信条にしています。

 

   
   

 

 

☆ 使命は、お客様に

” 究極の満足 ” を与えること

 

他の業界と同様、占い業界も

占い師として生き残るのは、

たいへん厳しい時代となって

きました。

 

もはや、「当たる」のは当たり前で、

相談者さまが望む方向にいかにして

導いてさし上げるかが厳しく問われて

きております。

 

お客様にとっては、喜ばしい変化でしょう。

 

  

  

 

 

日本の神さまと仲良くしましょう(^^)
日本の神さまと仲良くしましょう(^^)

 

 【 3つの活動理念(ゴール)  】

 

●鑑定を通じて、人間だけに

与えられた「笑顔」を世界に広めます

 

●占術の面白さと活用法を一人でも

多くの人に知ってもらいます

 

人類全体の霊性向上に貢献します

 

 

     

 

                 【鑑定場所】 

● 日本橋駅 / 水天宮前 /東京 

 *出張鑑定も承ります(鑑定料+出張代金となります)。

 

*お気軽にお問い合わせください。

――――――――――――――――――――――

 

   < 趣味 >

神社仏閣巡り・ロードバイク

 

  < 好きな言葉 > 

●私の無いとき、真の私が働く