· 

感謝する死者

 

【感謝する死者】

 

村人がある村にさしかかると

村人たちが道に倒れて死んでいる男

を棒で殴ったり、石をぶつけたり

していた。

 

旅人が驚いて尋ねると、

「この男は、葬儀代を残さずに

死んだんです。こうしてやるのが

村のしきたりなんです」と言う。

 

旅人は持っていた最後のコインを

村人たちに渡し、

 

丁寧に埋葬してくれるよう頼んだ。

 

村を出て、旅を続けていたある日、

ひとりの若者と出会い、旅人に同行

するようになった。

 

旅人が川に落ち、急流に流された時は、

この若者が川に飛び込んで助けてくれた。

 

大ケガをした足は、薬草を探してきて

治してくれた。

 

食べ物がなくなったときは、

果実を持ってきてくれた。

 

旅人を助けてくれた若者は、ある日

別れを告げて別の道を歩いて行った。

 

若者が風のように去ったあと、

旅人ははじめて気づく。

 

若者はあの日のあの村で死んで

倒れていた若者だった。

 

(翻訳:南風椎)